本文へ進みます
フレッシャーズ産業論文コンクール

フレッシャーズ産業論文コンクール

毎年、新入社員を対象とした『フレッシャーズ産業論文コンクール』(日刊工業新聞社主催)が開催されており、当社でも新入社員研修の一環として、毎年チャレンジしています。 今年も新入社員3名が受賞しました。

2016年度新入社員受賞

『ビジネスの世界で活きる自分らしさ』
経営リソース統括部  総務部  黒田  菜々美さん

入社直後に受けたビジネスマナー研修で、ビジネスの世界で自分らしさを発揮する意味について疑問に感じていた。
振り返ってみると、学生時代のアルバイトでは、自分らしさを発揮し、利益に貢献できた。自分の強みを再認識し、ビジネスの世界においてもそれを発揮することが重要であると考えた。

受賞論文はこちら

『チームにおける責任感の必要性』
経営リソース統括部  総務部  佐藤  洋志さん

私は大学時代に、チームで演習に取り組む機会があった。その中で、割り振られた仕事に責任感を持つことが必要だと考えていた。
しかし入社後の研修で、これに加えてチームの一員としての責任感が必要だと学んだ。チームの一員としてチームの方針を決定するために、自分の考えを発信していかなければならない。

受賞論文はこちら

『見えない顧客満足度  ~満足に絶対値はない~』
経営リソース統括部  総務部  小松  芳彰

自動車メーカーの顧客満足度調査を基に、顧客満足度と売上は比例するという結果の裏付けが得られた。では、どうすれば満足度は向上するのだろうか。
学生時代のアルバイトや入社後の工場実習での自分の経験を踏まえて考えると、お客様目線に立って考えることや、高品質で安全性の高い製品を提供し、信頼を得続けることが大事だと気付いた。

受賞論文はこちら

ページ
先頭へ