本文へ進みます
企業情報

沿革

ヤマハモーターソリューションの歴史をご案内します。
1980
  • 1987 9月:株式会社アルファシステムズ設立、ヤマハ発動機グループへのプログラミング事業開始(本社:浜松市砂山町)
1990
  • 1992静岡県西部地域への外販事業開始
  • 1993フレックスタイム制度導入
  • 1994生産管理『PC2/MC』パッケージ商品化(PCスクエアシリーズ)
  • 1995最適生産計画『PC2MLP』、販売・物流管理『PC2/DC』、会計『PC2/FC』パッケージ商品化
    生産管理革新研究会 発足
  • 1996株式会社アルファ情報システムズに社名変更
    中国厦門代表事務所設立
    ネットワークコンピューティング事業開始
    プロバイダ事業開始(遠州インターネット)
  • 1998人事給与『PC2/HRM』パッケージ商品化
    イントラネット構築のサービスパック商品化
  • 1999中国厦門代表事務所を現地法人化(現在のヤマハモーターソリューションアモイ)
    ノーツ・オフィスパック商品化
    プロジェクト型生産管理『PC2/PMC』パッケージ商品化
2000
  • 2000アプリケーションサービスプロパイダ事業開始
  • 2001ヤマハ発動機グループのITインフラ業務の受託開始(ITサービスセンター開設)
  • 2002「グループ内外への多角的IT事業推進による連結利益への貢献」が認められ、ヤマハ発動機の社長賞を受賞
    本社を浜名郡新居町(現在は湖西市新居町新居)に移転
  • 2004本社を磐田市岩井に移転ヤマハモーターソリューション株式会社社屋
    YMSLXが建設銀行ビルへ移転
  • 2005ISO9001認証取得
    遠州インターネット(プロパイダ事業)終了
  • 2006ヤマハ発動機からIT実務領域を移管しヤマハモーターソリューション株式会社(YMSL)に社名変更、同時に株式会社ワイ・イー・シーのIT部門を統合
    中国厦門現地法人がヤマハモーターソリューションアモイ(YMSLX)に社名変更
    インドのYMインフォテックをグループ化し、ヤマハモーターソリューションインディア(YMSLI)を設立 ヤマハモーターソリューション株式会社(インド)社屋
    YMSLXがISO9001の拡張認証を取得
    YMSLXが上海事務所を開設
  • 2007海外駐在制度開始
    YMSLXからの駐在制度開始
    YMSLXが厦門ソフトウェアパークⅡに移転
  • 2008YMSLXが重慶事務所を開設
  • 2009YMSLIがCMMIレベル3を取得
2010
  • 2010グローバルITサービス本格化(アジア)
  • 2012ISO20000の認証取得
  • 2013A1商標登録(日本)
  • 2014YMSLIがISO20000の認証取得
  • 2015グローバルコミュニケーションツールとしてヤマハ発動機グループにOffice365を導入
  • 2016YMSLX(本社及び上海事務所)がISO20000の拡張認証を取得
    新規事業開発・デジタルイノベーション領域の強化
  • 2017YMSLXが厦門ソフトウェアパークⅢ新社屋に移転ヤマハモーターソリューション株式会社(アモイ)社屋
    ワークスタイル変革の一環として、岩井本社のレイアウト変更を実施
ページ
先頭へ

企業情報