本文へ進みます
ヤマハモーターソリューションの強み

ヤマハモーターソリューションの強み

ヤマハモーターソリューションの強みをご紹介します。
1

30年にわたり製造業を支えてきた「課題解決力」

ヤマハモーターソリューションは、世界30カ国に140社のグループ会社を持ち、約90%を海外売上高が占めているヤマハ発動機グループのグローバルな事業活動において、30年の長きにわたり先進的なIT活用で関わって来た経験とノウハウを持っています。
対象とする業務エリアは、製品開発から調達・生産・物流・販売・会計・人事など、製造業の幅広いビジネスプロセス及びITインフラをカバーしています。
お客様との長期的な信頼関係の下、事業領域全体を一つのバリューチェーンと捉え、トータルITソリューションによる最適なビジネスプロセス構築を支援します。

トータルソリューションのカバー領域

トータルソリューションを担う事業部

エンジニアリングソリューション

製品開発を支える各種支援ツール(CAD/CAE)の提供から開発関連業務のトータルサポート

生産調達ソリューション

生産管理システムを核に、生産調達システムの企画・設計・開発・導入・運用・保守サービスを提供

ビジネスソリューション

物流、販売、会計、人事、総務など多岐にわたるシステムの企画、開発から運用・保守サービスをカバー

ITサービス

国内のITインフラ全般の運営はもちろんワールドワイドな情報共有・安定稼動体制を確立

2

グループ3社(日・中・印)連携による「技術力」

IT技術は急速に進化しており、それらITの活用がお客様のビジネス成長の鍵といっても過言ではありません。ヤマハモーターソリューションでは、グローバルに成長し続けるお客様に、グループ3社(日・中・印)の技術力を結集し、最適なソリューションを提供し続けています。


  • ■オープンソースソフトウェア(OSS)をベースとしたシステム開発フレームワークによるアプリケーション開発技術力
  • ■自社開発パッケージソフトウェア及び市販パッケージソフトウェアやツールの適用技術力
  • ■グローバルに連携する製造業を支えるネットワーク構築技術力
  • ■グローバルに展開されたシステムを安全・安心に支える運用技術力

これらに加え、グループ3社で開催されるイノベーション・カンファレンスでは、グループ各社の持つIoT、AIなど先端テクノロジーを活用するための適用研究に力を注いでいます。

not found
not found

イノベーション・カンファレンス

3

国際規格に準拠した品質マネジメントシステムによる「業務の信頼性」

ヤマハモーターソリューショングループでは、顧客重視のITサービスをグローバルに提供し続けるため、そのベストプラクティスである国際規格ISO20000の認証を取得しています。さらにこのISO20000を軸とし、リスクマネジメント視点にてセキュリティやコンプライアンスへも継続的改善活動のマネジメントシステム(PDCAサイクル)を適用しています。
これらの取り組みを通じ、お客様が常に信頼・安心でき、「進化し続けるITサービス」を実現するとともに、ステークホルダー全ての期待を感度よく捉え、我々の事業活動を継続的に改善しています。

  • ■ヤマハモーターソリューショングループ TQMSによる内部統制
  • ■2012年1月、ITサービスマネジメントシステムの国際認証規格『ISO/IEC20000』の認証取得
  • ■2014年9月、ヤマハモーターソリューションインディアが認証取得
  • ■2016年1月、対象事業所をヤマハモーターソリューションアモイへ拡張

認証機関 DNV GLビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社
認証番号 02549-2012-AIS-KOB-JIPDEC
認証取得日 2012年01月12日
適用規格 ISO/IEC 20000-1:2011
JIS Q 20000-1:2012
認証範囲 グループ会社に提供するITサービスに関するITサービスマネジメントシステム
● 業務アプリケーションシステムの新規開発・保守・運用
● Webコンテンツの制作・保守・運用
● ITインフラ(サーバ・ネットワーク)の新規開発・保守・運用
● デスクトップサービスの保守・運用
事業所 1. 岩井本社
2. 磐田事業所
3. 雅馬哈発動機(厦門)信息系統有限公司
4. 雅馬哈発動機(厦門)信息系統有限公司 上海分会社
ページ
先頭へ